お坊さんが語る終活

後悔しない人生を、笑顔の毎日を本当の終活で。

終活講座 和木会場

本日、山口県の和木町民文化会館で、午前第2講、午後第6講を開催し、午前は11名、午後は25名の方が受講くださいました。

 

中でも第6講は最終講であり、第1講から第5講までの履修が無ければ受講出来ないことになっており、毎回2時間、都合12時間は私と一緒勉強して下さった方ばかり、ということになります。

 

昨年9月から和木会場を皮切りに始まった、「お坊さんが語る終活講座」広島市内数カ所、福山市三次市熊野町などで開催、今日ワンクール終える第6講で、修了証書をお渡しできましたことは、講師の私としても、大きな喜びでありました。

f:id:obousansk:20170819175529j:image

受講して下さった皆さんは、後悔のない人生を歩んで行くことが大切であること、そのためには自分が意識を持たねばならないことを、よく理解して下さっておられました。

 

講座としては一段落したのですが、感想に、

「講師の先生と今後も関わりをもっていたい」とか、「もっと講師の先生のお話を聞いて行きたい」などと仰ってくださる方もおられ、とてもありがたい気持ちになりました。

 

私の講座では、「人と人とのかかわり」これを主たるテーマにしています。

 

私が講師としての勤めができたのは、サポートスタッフの皆さんの支援と、何より受講してくださる方がおられたからに他なりません。

その意味において、私の話にお付き合い下さった皆さんには、ただ感謝しかないのであります。その感謝の想いを込めて、お一人お一人に修了証書をお手渡しさせていただいたのでありました。

 

会の終了前にお一人のスタッフの方から、「年内に一度、この地域で講演会を開催してみては」との意見が出され、全員の方が拍手をもってご賛同下さったのです。日程がまだ全くわからない話ですが、新たな取り組みとして可能な限り終活の考え方の大切さをお伝えして行こうと思いました。

 

今日、甲子園では広島代表の広陵高校の試合があり、結果6:4で、福島の聖光学院を破り、ベスト8進出となりましたが、まさしく午後の講座の時間と被り、気になる受講生の方もあったかもしれませんが、本当に真剣に受講して下さったことに、お礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございました。

 

明日は寺の住職として、月例の行事が勤めさせていただきます。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

お詫び

先ずはお詫びをさせていただきます。

前回10日に更新して以来、まるまる一週間更新ができませんでした。終活ブログファンの皆様には大変申し訳なく思っております。

 

やはりお盆ということと、終戦の日の関係する行事がかさみ、ちょっとゆとりが無かったのが本当のところです。

また少しずつですが、更新をして行きたく思いますので、引き続き御愛顧ください。

 

ところで皆さんは、どんなお盆を過ごされましたか?ご先祖様に心を通わせられましたか?

お盆だけではなく、平素からご先祖様に感謝して生活することをお勧めいたします。

 

ご先祖様に感謝する生活とは即ち、いま目の前にいる身近な人に感謝する生活です。

 

もしかしたら、あなたとあなたの目の前の人の、遥かずっと前のご先祖様は同じ方かも知れません。そうすると、そのご先祖様に感謝するならば、その子孫の方を幸せにしてあげることが、ご先祖様にとって何よりもの幸せではないですか?

 

亡くなられた方を大切にしたいなら、先ずは目の前にひとを幸せにする、これが一番大事なことと思います。

来月にはお彼岸もあります。どうかご先祖様に感謝出来る毎日を過ごして下さい。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

どこで焼く?

私達はいつか死にます。

いつもお伝えすることですから、読者の方には耳にタコができる話でしょうか。

 

でも死んだら、この身体はどうします?

つまり「遺体」の処理です。

昔は土葬、つまりそのまま土に埋めていましたが、現代は衛生上の観点からも、火葬が一般的となっています。

 

では、どこで燃やしますか?

 

今は少しのゴミを燃やすことも、規制がかかる時代です。そんな中、こんな大きなもの、どこで燃やしますか?

 

聞くに及ばず、「火葬場」ですね。

 

ある自治体が斎場建設計画を進める中、近隣住民が建設反対を主張しているとの記事を目にしました。反対理由は、精神的苦痛、地価の下落、過疎の進行、住民無視の計画などとのことです。

 

どんな方が反対をしておいでかわかりませんが、今後その自治体の計画が進捗して、斎場が定礎されたとしても、頑なに遺言として「私の亡骸は〇〇の斎場では、荼毘に付さないでくれ」と、書き遺さねばならないでしょうね。

 

一般的に自治体以外の斎場での火葬は、割り高となっています。納税者であることの自治体のサービスの一つが火葬場です。

 

反対している人は、ぜひ自分のポリシーとして、立派な意思を貫くよう、くれぐれもご家族にお伝えする必要がありますね。

 

皆さんは、今頃東京などでは5〜10日程度の「火葬待ち」は、当たり前になっていることを知っておいでですか?

超高齢社会の次には「多死社会」が紛れもなく訪れます。

 

私が子供の頃、実家のトイレは汲み取り式でした。確かに綺麗な仕事とは言えないかもしれません、しかし、なくてはならない仕事ではないですか?

もし汲み取り業者のかたがおいででなかったら、日本はこれだけの成長をどげることはできなかったと思います。

 

斎場が無いとはそういうことと同義なのです。

私達の生活になくてはならない場所が斎場です。ですから、私益のためだけにとらわれずに

公益を目的としながら、考えてものを言うべきとおもいます。

 

「無いと困るもの」の一つが斎場です。

よく知っておかねばなりませんね。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

お盆

お盆の時期がやって参りました。

国内の各地方によって、風習や習わしはまちまちですが、日本人にとってこの「お盆」は非常に重要な行事であろうと思います。

f:id:obousansk:20170809225042j:image

よく「地獄の釜の蓋が開く」などと昔の人はおっしゃいましたが、その意味は、例え地獄に堕ちて苦しんでいる魂であっても、この時ばかりは、供養を受けることができる、ということなのかなと思います。

 

それほどのお盆ですから、これだけ科学が発展し、私達を取り巻く社会環境が変わっているのにも関わらず、「盆・正月」なんです。

 

各企業でも正月と盆には休暇があるようです。

日本にそういう文化がしっかりあることは、とても素晴らしく、嬉しいことだと思います。

なればこそ、お盆にはお盆の目的を理解し、その目的を果たしていこうではありませんか。

 

お盆の目的はと言いますと、この出典は「盂蘭盆経」というお経がそれで、目連というお釈迦様の弟子が、亡くなられたお母さんの死後の状態をご覧になり、逆さづりなら苦しむお母さんを救うため、お釈迦様にその方法をお伺いし、それによりお母さんが救われた。ザックリ言うとそう言うお話なのですが、お母さんは先祖を、目連は私達を表します。

親孝行を伝えるお経であることはもちろんなのですが、我々はご先祖様の姿を見ることはできません。

例え苦しんでおられるご先祖様がおられたとしても、このお盆には供養を手向ければ、お救いをいただくことができる、ということも書いてあるのであります。ですから、お盆の目的は先祖供養であるわけです。

 

ではどうやって先祖供養したら良いのか。

もちろん、墓参やお寺参りなども大切なことです。でも一番大切なことは、ご先祖様にご安心いただくことではないでしょうか?

 

ではどうやって安心していただくか、それは、

「家族みんな仲良く」です。

まずは、家族が仲良くしてくれていることが、ご先祖様にとって最も嬉しいことでもあると思います。

 

人と人とのかかわり。まずは家族とのかかわりからです。

どうか読者のかたには、しっかりと「お盆」を勤めていただきたいと思います。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

お寺で終活

お知らせさせていただきます。

来たる9月2日土曜日、私の勤務地で講座を開催いたします。

 

午前10時から第5講 エンディングノート

午後13時から第6講 仕舞いかた。です。

第6講は1〜5までの過程を修了していることが、出席の条件となっておりますので、受講の方はお気をつけください。

 

8月25日までで受付を締め切らせていただきます。特に第6講は修了証書の準備もありますので、厳守していただきます。

 

また、受講済みの講座をもう一度受講したい場合も、申し込みが必要ですから、第5講再受講されたい方はお気をつけ下さい。

 

台風5号中国地方にはさほど影響無くすぎて行ったようです。ただ各地で被害があるようですから、皆さんも災害が最小で収まるよう、神仏にお祈りいただきたいと思います。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

原爆忌

広島に原爆が投下され、72年を迎えた今日、私は早朝から平和公園へ出向き、広島戦災供養会が主催されます慰霊祭に参列して参りました。

 

台風5号の動向を気にしながらも、やや曇り空のもと、慰霊祭が執行されました。

会場へ向かう途中、落下地点の標的となった相生橋から、原爆ドームを臨みました。

f:id:obousansk:20170806215340j:image

慰霊祭は神道キリスト教仏教の様式でそれぞれ執行され、前外務大臣岸田文雄氏も参列しておられました。

 

静かに慰霊の行事を執行しておりますと、いつもはそれほどでも無い、若者の叫び声が原爆ドーム側から聞こえて来ました。

耳障りなほど、鎮魂の空間を壊す音でありました。

 

慰霊祭後に音がする方へと向かいますと、左翼的意向を持った青年たちが、ドーム前にたくさんの旗を立て、マイクを持って安倍政権打倒を訴えている。またそれに呼応するように右翼的青年たちが、左翼青年たちを必死に否定するコメントを大スピーカーをもって、叫んでいる。

左翼の側も何を言っているのかわからなかつたですが、右翼の側は「罵声」でしかありませんでした。

f:id:obousansk:20170806220428j:image

右翼側の青年の一人に、「今日の朝は、静かに祈る日だから、もう少しわきまえて欲しい」と言うと、「あいつらがやるから、僕らがやらなくてはならない」とのコメント。まったくおかしなコメントでした。

 

たまたま、県議会議員の先生お二方がおいででしたので、何とかしなくては、広島の恥部になる。との認識で共有できましたが、条例でも作って規制をしなければ、慰霊の朝は担保できない、哀しい話であります。

来年の今日までには何らかの手当てを、具体的に動いていこうと思いました。

わきまえるという知恵が働かない青年たち、やはり教育を変えなければいけませんね。

 

昼は広島県宗教連盟主催の懇親会に、出席させていただきました。先日の比叡山宗教サミットにご参加の方も多くあり、宗教者の役割をたがいに認識しました。

 

また今日は私のお寺にすごいお客様がおいでくださいました。アフメットジャンオスマン東トルキスタン亡命政府大統領であります。

 

中国からの弾圧、ウィグル族への迫害、また、中国の中央アジア地域での核実験のことなど、親しくおはなしをさせていただきました。

 

民族の歴史は父祖の歴史です。父祖の歴史とは後して自分の歴史となるわけです。

外圧により父祖の築いた、歴史と文化を害されぬよう、私達日本人もしっかり考えていかねばならない事を考えさせられた時間でありました。

悲しみを減らすため、自分に何ができるのか、一人一人が考えることが、真の平和構築のため必要な事と思います。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

 

 

 

比叡山宗教サミット

本日、日本仏教の母山と言われる、比叡山で行われました、「比叡山宗教サミット30周年記念

世界宗教者平和の祈りの集い」に参加させていただきました。

 

この催しは、今から30年前、当時の比叡山延暦寺の山田恵諦座主の発声により、世界の宗教者が宗教、宗派の垣根を超えて、人類共栄の理念のもと、対話を通じて恒久の平和を目指す祈りの集いであります。

 

仏教キリスト教イスラム教、神道新宗教など、世界の国々から宗教の指導者が集まり、争い、貧困の無い世界を構築する事を確認する、ある意味世界的行事であります。

 

今回、その30周年記念の行事でありました。

初めて参加をさせていただきましたが、比叡山延暦寺の一隅会館まえの特設会場にはおよそ1000人を超える人たちが集結、照りつける日射しを、私達参加者をいたわるように雲が遮り、時折吹く風を感じながらの行事でありました。

f:id:obousansk:20170804203634j:image

開会後、壇上に上がるご来賓がひまわりの花を手に持ち、それを少年少女に手渡して、明るい未来を託す演出は感動にあたいするものでした。

 

世界を取りまく諸宗教がたがいに胸襟を開いて本気で対話し、様々な格差をなだらかにしようとする取り組みは、大切なことと思いました。

しかし、今日の行事に中国、北朝鮮からの出席が無かったことも事実です。

 

今日の行事の中心でありましょう、祈りの時間がありました。

私も祈りました。

 

「世界の人々の悲しみが、一つでも少なくなりますように」と。

 

平和を具体的に表す事は至難です。でも、きっと悲しみや、悲しむ出来事が少なくなれば、きっと平和になるのでは無いかと思うのであります

今日の祈りが単に行事だけにならないよう、私達宗教者は、もっともっと、人々に寄り添わねばならないことを強く感じさせでいただいた、行事でありました。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌