お坊さんが語る終活

後悔しない人生を、笑顔の毎日を本当の終活で。

悲しみが減らない!

福岡でショッキングがな事件が発生しました。

中学3年の兄が中学1年の弟を、キリで刺す。

幸い命に別状発生ない、とのことですが、

昨今あまりにも悲しみの度合いが大きすぎる事件が多く発生してはいないでしょうか?

 

もっともベーシックなこととして、

「何人にも危害を加えない。肉体的にも精神的にも」

 

これが、最低限、人が社会生活をする上でなければならない約束だと思います。

しかし、毎日毎日、これを逸脱する出来事が報道の材料となっています。

 

福井では、担任の先生の厳しい指導が起因して中学2年生の生徒さんが自殺。指導の問題の是非は言及を控えますが、悲しすぎます。

 

何に問題の原点があるのでしょうか?

先日は仕事をしない主人が奥さんと子供たちを刺殺して、家に火をつける。こんなこともありました。悲しすぎます。

 

よく「社会が、悪い」と言いますが、「社会」って誰が作っているのですか?

「社会」には、その方は介在していないのでしょうか?

 

私達はうっかりすると「〇〇がわるい」と自分対他者で対峙構造を作ります。しかし、そんな事何の役にも立ちません。

社会を構成しているのは紛れもなく自分であり、社会を良くして行くのは紛れも無く自分である、という自覚がなければことは変わらないと思います。

 

私の考えとしては、やはり家族の在り方、かかわり方であると考え、その基礎は文化によって支えられていると思います。

 

戦後72年、日本は高度な成長を遂げ、今や機械、医療などの面で、世界中の大国に引けを取らない素晴らしい国になりました。

しかし、その一方で先述の如き悲しみがどんどん増えています。

 

戦後、GHQから与えられたのが「日本国憲法」です。この憲法におりこまれた基盤に今の日本社会は存在しています。

憲法はその国の「こころ、おもい」を表すものでなくてはなりません。

「権利」「個人」「平和」これらのキーワードで72年作り上げられた結果の一部が、今起きている「悲しみ」だと思います。

 

もう、気がつかないといけない。

 

少しずつなどという、悠長なことは言えないところまで来ています。

近く、選挙もありますが、投票者は候補者に何をしてもらいたいかを考え、この国の人の悲しみを減らすことのできる人や政党を選ぶべきです。

とにかく、みんな言葉に出して言いましょう。

「この国の悲しみを減らすことを考えましょう」と。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。

お坊さんが語る終活講演会

本日無事に、中区のアステールプラザでの講演会をさせていただくことが出来ました。

お手伝い下さったスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

広島地方の天気予報は曇りのち雨、午後2:00からの開催とあって、雨の心配をしましたが、始まる時点では、曇り空でした。

f:id:obousansk:20171014212535j:image

80名余の方が集まって下さり、初対面の方が半数以上でありました。

初めてのパターンのため、時間枠にとらわれてしまい、私的には40点といったところでしょうか?

お越し下さったみなさまのアンケートでは、皆さん喜んで下さっておられましたが、大いに反省です。

 

80名の方の人生の中の一時間半を、私の話を聞くために費やして下さったのですから、本当はせめて80点のお話をしなければならないと思います。本当に申し訳ない思いであります。

 

ですが、めげてはいられません。

私にとっても人生の時間には限りがあるのです。

後悔しないよう、精一杯、一人でも多くの方に本当の終活、自分の生き方を見つけてもらいたいと思っております。

 

次回、11月12日、和木町での講演会に向けて、さらに研鑽を重ねて参ります。

 f:id:obousansk:20171014212835j:image

講演会が終わり、外へ出ますとなんと「晴れ」

せめてもの救いを御仏様から頂きました。

お帰りの際、皆さんが足元を気にせず帰っていただくことが出来ましたこと、本当にお陰を頂きました。

今日ご来場くださいましたみなさまの、御幸せをお祈りさせていただきます。ありがとうございました。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

「日本が戦争する国に」65%

大阪から帰広し、昨日の地元紙に目を通すと、「日本が戦争する国に」65%との見出し。

よく見ると、被団協が全国の被爆者を対象に2015年に実施した意識調査結果でした。

 f:id:obousansk:20171013232119j:image

気にかかることとして、「戦争する国になるのでは」と「自分の健康」の両方が約6割とのことでした。

706名からの回答だったそうです。

 

被爆者の方々ですから、いずれも御高齢の方かと思いますが、敢えて申し上げたく思います。

「戦争する国になるのでは」

どこの国に住む人の言葉でしょうか?

 

回答された方は、少なくとも72歳以上の年齢の方です。あまりにも、あまりにも返す言葉を失う状況です。

「戦争する国」

ニュアンスとしては「戦争を仕掛ける国」と聞こえるのは私だけでしょうか?

 

戦争による犠牲はおそらく世界の中で、一番よく知っている国ではないでしょうか?

その日本が戦争を仕掛ける国になると想像するのでしょうか?

 

そんな想像をする思考が、あることが想像出来ません。

 

昨今、隣国の脅威に晒されている国情は何人も知ること。万一、本当に日本の国民の生命、財産、そして領土が脅かされることになったら、この国の人はどうするのでしょう。

 

二者択一、戦うか戦わないか、どっちかしかありません。

戦わないとするならば、逃げるか、捕虜になるか、殺されるか?そんな選択でしょうか?

 

自分の家族に被害が及びそうになっている時、守ろうとはしないのでしょうか?

もしその選択、すなわち家族を助ける努力をしないことを選ぶならば、どうかこの国の人を辞めていただきたい。

 

近く、国政選挙がありますが、真剣に国の台所を預けるにふさわしい、政治家、政党を選ぶべきです。

本当に国民が心を合わせて、この国難に立ち向かわねばなりません。

 

平和神話に踊らされる時代は、過去のものです。どうか、多くの人が、今、如何にすべきかを考えていただきたいと思います。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

栄枯盛衰

今日より明後日まで、大阪の本山での勤務です。

境内にひときわ真っ赤な冠をかかげていた彼岸花が、盛りを終えておりました。

f:id:obousansk:20171011210858j:image

毎年必ず、忘れずに花開き、天を指す勢いは、さながら両手を広げて太陽に背伸びする子供たちのようにも見えました。

しかし、時がたち花の命は終わろうとしていました。

 

栄枯盛衰これ春秋、という言葉を昔どこかで聞きましたが、大自然こそすべての道理をわきまえ、その法則によって時を重ねていることを改めて感じます。

 

人々の歴史もきっとそうなのではないでしょうか。

日本にはとても美しい、歴史的建造物があります。それらの多くには多額の資金が注ぎ込まれています。

 

その建物には施主がおりました。しかし時がたち、施主はもうこの世にはいません。

それが大自然の法則であり、まぬがれることのできないルールなのです。

 

しかし、人は法則の上にたち、その偉業を讃え、語り継ぎます。

 

「虎は死して皮残す、人は死して名を残せ」

 

必ず、栄枯盛衰があることを知り、今を後悔しない生き方で生きる。

今年の彼岸花は、今年の彼岸花としての大役を終えて、来年の準備をスタートさせました。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

 

こころの温度が20℃あがる

今日、待ちに待った本が書店に配本され、すぐさま受け取りに行きました。

「こころの温度を1°cあげよう」が届きました。

f:id:obousansk:20171010151115j:image

信者さんから何人も依頼を受けており、お待たせをしておりましたが、第2刷が上がったのでしょう。

 

私は20冊注文していましたので、差し向き「20°c」上がったことにしました。

 

以前にも少しご紹介しましたが、発刊時、東京八重洲紀伊國屋書店では、部門別で週間一位をとった書籍です。

皆さんも是非ご覧になってください。きっと、心があったかくなりますよ。

 

さあ、いよいよ今週末はアステールプラザでの講演会です。

100名余の方がご来場予定です。来て下さった方に少しでも喜んでいただけるお話がさせていただけますように。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

報道されない沖縄

7日、8日の、両日、大阪の本山で全国青年リーダー研修会が行われ、各地の青年リーダーが集いました。

第1日目は主に教えの考え方や使い方を研修されておりました。

 

私も「エチケット」についてのレクチャーをさせていただきました。

若い方々のシチュエーションをイメージし、説明をしたつもりですが、さてどんな風に受け止めて下さったかは、後日のアンケートにゆだねましょう。

 

夕食はビュッフェスタイルでのレク付きミニパーティー。

別名「ビストロ念法」とも言われる(?)食堂を会場に、彩り豊かなメニューにまずは、舌とお腹が満足の様子でした。

f:id:obousansk:20171008191308j:image

しばらくすると、別名「極楽興業」とも言われる(?)本部生による踊りあり、クイズありのひと時に、青年リーダーさんたちの顔と心が満足の様子でした。

 f:id:obousansk:20171008191345j:image

⭕️❌クイズでは、私にまつわるものもあり、私が来年還暦か否か?に、半数が⭕️と。

いつの間にそんな「貫禄」が備わったのかな?と、少々驚きました。(物事は何でも喜んで、感謝して受け取る方が、運命が良くなるのです。)

 

一夜明けて2日目は、我那覇真子さんの講演会「沖縄の真実」を拝聴致しました。

おそらく参加者全員が、「ショック‼︎」だっただろうと思います。

 

一言で言えば、沖縄の基地問題で私達が知らされている報道は、まったく、まったく、まったく操作されており、辺野古での反対活動は、沖縄県民の活動ではなく、県外のエセ日本人と、すぐ近くの外国人でやっている。ということでした。

 

彼女は二十代という若さでありながら、命がけで真実を伝えにまわっています。

近年は、ユーチューブなどで動画を見ることができます。我那覇真子で検索して、どんな話か是非知ってもらいたいと思います。

 

昨日は福岡の講演を終えてから広島で講演し、今朝は大阪。一旦沖縄へ戻り、明後日には東京とのことでした。

 

彼女は言う。

先の大戦で戦った沖縄の人たちは、日本人として、日本を守るために戦い、散華された。あの時の若者の思いを、いまを生きる私たちは受け継がねばならない」と。

 

このブログをご覧いただいている皆さん、まずは今沖縄で仕組まれている現実を、検索して見てみてください。

 

仏教では「懲らしめる」という観念はあまり似つかわしくありません。

しかし、不動明王の持つ羂索は、邪を縛り、劔は邪を剥ぎます。

エセ日本人から「エセ」が外れることを願い、彼女の発信がすべての日本人に伝わらねばならないと強く強く感じました。

全国の青年リーダーも私と同様であったと思います。

 

この度の研修が今後の住みよい世の中づくりに、大きく寄与されることを願いつつ、研修生を見送りました。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

積極人間の集い

広島は昨夜来の雨が残り、天気予報通り雨天で迎えた朝、広島駅近くのホテルニューヒロデンで毎週金曜の朝7:00から開催されている、「積極人間の集い」の講師として参加させていただきました。

f:id:obousansk:20171006124744j:image

この会合は創設から36年を経て、今朝は何と第1720回の例会。30名余の方が集まっておいででした。

 

お坊さんが語る終活講座を受講下さる方からのご紹介でしたが、その方の顔に泥を塗らないよう、仏様にお頼みしながら45分間、皆さんのお耳を拝借致しました。

 

私がお伝えすることは、組立ては変わっても中身は変わらず、「人と人とのかかわり」特に「家族」を見つめなおして頂くためのお話です。

それぞれにお感じになられた部分があれば、幸いかと思ってお話をさせていただきました。

 

私の講演の後、参加者一人一人のスピーチがあり、今日の話に関わる関わらないに限らず、前へ出て全員がお話されました。

会社の社長さんや、主婦の方まで、本当に様々なお立場の方が自らを高める意識を持って、集っておられ、これを毎週開催し続けるエネルギーに、脱帽致しました。

 

たまたまお隣に座っておられた女性は、88歳。この春まで現役で教鞭をとっておられた方で、とてもとてもそれだけのお年には見えない、壮健さでありました。

理想的な歳のめされ方だなと、思わせていただきました。

 

閉会後は、近くのファミレスで懇親会。

私こそ新顔ですが、皆さん慣れておられアットホームな空気の中、和やかな時間でありました。

 

井の中の蛙大海を知らず」

 

「こういう方達もいらっしゃるんだ」

日本はまだまだ希望を捨ててはならない。意識を持つ人たちが、話し合い、協議しあって、住み良い社会の実現に立ち上がれば、時間はかかるかも知れませんが、きっと良くなるのではと感じました。

 

今回のご縁をいただけたことに感謝して、もっともっとお役に立てる自分になりたいと思わせていただけた、機会でありました。

改めて、お世話下さった方々に感謝を申し上げます。ありがとうございました。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌