お坊さんが語る終活

後悔しない人生を、笑顔の毎日を本当の終活で。

夫婦

昨日の朝刊に、配偶者に対する遺産分割の対象から、住居は外すことへの法改正案の記事が載っていました。

f:id:obousansk:20170720232340j:image

こんなことを心配しなくてはならない現行法、そもそも今の法律の根底に流れる思想背景が問題なんだろうと思います。

 

記事に掲載された案でも、婚姻20年以上という縛りがあります。19年ならどうなんでしょう?

そもそも夫婦とは何か、ここから理解していかなければならないということでしょう。

 

夫婦が真に夫婦たる関係性を保持しているならば、期間など意識する必要は無いと思います。あたら期間を気にしなければならない環境は、道徳観、倫理観の欠如から引かれるものだと思います。

 

現行法では、配偶者の他に子がいる場合、相続は二分の一対二分の一です。親子関係が不安定な場合で、もしも遺産が住居のみであったなら、子が相続の権利を主張するならば、配偶者は、その相当分の支払いをするか、あるいは家を売却して遺産分割をせねばならなくなります。おかしくないですか?でもこれが現行法です。

 

今回の改正案がどのような収まりになるのかわかりませんが、そもそも夫婦とは、という概念、理念がすっ飛ばされてしまっているように思えてなりません。

 

民法だけでなく、やはり憲法からの理念をしっかり見直さなくてはならないと思います。

 

人は生まれた時から死にむかって時を経過しています。終活として毎日の暮らしを捉えるならば、家族、夫婦、親子、こういった理念を改めて日本人全てが学び直さなければならないと思います。

本当に家族とは何か、しっかり考えてみてください。きっと民法に頼らない相続が築き上げられます。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

 

お母様の遺影

先日の講座のアンケートに、

「母の遺影があるのですが処分していいものでしょうか?ずっと置いておくべきでしょうか?小さな写真を代わりに飾るのではダメなのでしょうか?」という質問がありました。

 

第5講エンディングノートの際のアンケートの質問でしたが、おそらくこの方はまだ第2講を受講されておられない方かと思います。

 

第2講、モノの整理、処分を聴いていただくとその辺りのことは、きっと質問にはならないと思います。

結論を言えば全く問題無しとなります。

 

第3講の葬儀、供養にもリンクする話ですが、大切なことはどれだけ想いを向けていくか、であります。

どれ程、仏壇や祭壇を綺麗に豪華に祀っても、祀る側の思いと、祀られる側の思いが通わなければ意味のない話です。

 

写真の形や大きさではなく、如何に亡くなられた方と向き合い、心を通わせるかが大切です。

生きていようが、亡くなっていようが、「人と人とのかかわり」これが一番大切です。

 

もし、アンケートを書いてくださった方が、この記事を目にされたら、まずは第2講を受講してください。またもし第3講もまだでしたらそちらも受けていただきたく思います。

 

私に相談するまでもなく、きっと安心して方向を決めることが出来ると思います。

 

この方だけでなく、様々なことで迷ったり、悩んだりしておられる方がこの世にはたくさんおいでと思います。是非相談をしましょう。

困りごとをそのまま保持せず、進捗してください。

終活の取り組みは、安心への取り組みです。どうぞ、相談に来てください。

また、どうぞブログへのコメントもお寄せください。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

終活講座 2コマお寺開催

今日はお寺での終活講座、初開催でした。

午前が64名、午後が58名という方が真剣に受講下さいました。

f:id:obousansk:20170717212241j:image

午前が第5講、午後が第4講でしたが、両講座とも、本当には皆さん真剣に受講してくださいました。

遠くは岩国から、三連休の最終日、暑さを押しのけて来てくださった、老々男女のかたには本当にはあたまが下がります。

 

第5講はエンディングノートです。

自分自身を振り返りつつ、ご子息に何をどう伝えるべきかをご理解していただきました。

 

また、第4講、遺言相続では何を相続させたいのか、そのためには何をすべきなのか。

このあたりのことをお伝えさせていただきましたが、本当に皆さんよく、私の意図を汲み取ってくださっておられました。

素晴らしい受講生を授けていただき、本当に講師冥利につきます。

 

終活カウンセラーとして、私ほど幸せなカウンセラーはいないと自負をいたしております。

 

無事に講座を終えて、皆さんをお見送りしたあと、今度の日曜日に開催される、慰霊法要のための全国のお水が揃っていました。

f:id:obousansk:20170717213147j:image

北は稚内利尻富士の甘露泉水から南は沖縄、垣花桶川(かきのはなひーじゃー)の水まで、全国の信徒さんから30ケ泉の名水が届きました。

 

8月6日という1日が、日常と同様訪れると、無意識にも思っていたと思います。

 

しかし、その様相は一変したのであります。

せめて全国の信徒の皆さんの真心をもって、名水の味わいを御霊に感じていただきたいのであります。

 

7月23日、午前9:00から平和公園の供養塔前で慰霊法要が執行されます。

読者の方で、共にご参列、献花いただけます方、ぜひお参りください。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

平和公園の清掃

f:id:obousansk:20170715214234j:image 

おかげさまで、今朝は雨もなく涼しい中、平和公園の清掃奉仕をさせていただきました。

老若男女22名が定刻の6:45に集合、原爆供養塔に挨拶のあと、草引きに汗を流しました。

f:id:obousansk:20170715212035j:image

23日の慰霊法要の前に、使わせていただく場所をキレイにさせていただく、毎年の恒例行事であります。

 

8:00まで奉仕をさせていただき、お礼のご挨拶の後、昨夜のうちに家内と握った特製おむすびをみんなでいただきました。

f:id:obousansk:20170715212415j:image

f:id:obousansk:20170715212506j:image

f:id:obousansk:20170715212530j:image

8月6日を前に様々な団体が供養塔前で、慰霊の行事をされます。

慰霊の方法や形は違っても、想いは一つだろうと思います。

f:id:obousansk:20170715213742j:image

原爆供養塔には815体の、氏名のわかるご遺骨。そして7万と言われるご不明のご遺骨が祀られています。

f:id:obousansk:20170715214210j:image

広島市では毎年、その氏名を全国自治体に公表し、ひきとりの促進をはかっていますが、72年経った今日、引き取りは皆無に近い状況になっております。

 

み仏さまのお慈悲で、少しでもその御魂が安らかでおられることを、来週祈らせていただきます。

 

宗教、思想、国境、民族を超えて、みんなが仲良くして行ける世の中を作ることが、人としての最大の使命ではないでしょうか。

慰霊の心を深めつつ、平和への願いを強めたいと思います。

 

午後からは終活講座第1講をお寺で初開催致しました。

f:id:obousansk:20170715213305j:image

8名の方が受講下さいましたが、その中で3名の方が明後日の講座も受講くださることになり、明後日は午前が66名、午後が57名とかつてない人数での講座になりそうです。

 

終活の本当の意味を理解された方は、きっと毎日の生活に大きな意義を感じてくださっておられることと思います。

一人でもたくさんの方にもっともっと、お伝えさせていただきたいと思います。

 

読者の方で、ご興味、ご質問がある方は、遠慮せずコメントしてください。お伝え可能な限り返信させていただきます。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

 

 

 

三連休

大阪での勤務を終え、明日からの三連休は明日は早朝に平和公園の清掃奉仕。来週に迫った慰霊法要の会場を信徒の皆さんとお掃除。

午後からは終活講座第1講をお寺で開催。

 

明後日は毎月の月例祭。

 

明々後日は終活講座を午前が第5講、午後が第4講、いずれも60名を超える受講生の皆さんが、私の職場に来てくださいます。

 

一人でもたくさんの方に、安心して暮らせる毎日のための考え方や、行動の仕方のアドバイスができればと思います。

 

暑い毎日です。読者の皆さんもご自愛ください。

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

献水の取水

23日に執行される、第31回 広島原爆殉難者慰霊法要にお供えするお水の取水に、安芸太田町の龍頭峡へ、早朝5時から車を走らせて来ました。

 

慰霊法要では、一昨年までは50ケ泉、昨年からは30ケ泉の全国から寄せられた、名水を献じさせていただきますが、昭和20年8月6日、原爆投下後、阿鼻叫喚の中、多くの人は水を求めて太田川に入り、川は人で埋め尽くされたと言います。

広島からの名水は、その太田川の源水を御供えさせていただいております。

 

早朝のため取水の人の姿もありませんでしたが、以前にも車数台が取水のために待機している場面に出くわすなど、美味しい水として多くの方が取りに行かれるお水です。

f:id:obousansk:20170711221502j:image

私達の生活は、物質的には何一つ不自由の無い環境にあります。

先頃の九州地方での大雨による災害。罹災の方々には心からのお見舞いを申し上げさせていただきますが、一旦そういった環境になりますと私達の毎日は一変してしまいます。

 

戦時下、特に終戦間ぎわの日本は、ただでさえ物資不足の状況にあり、国民みんなが貧しさを友として助け合いの生活をしておられました。

そんな中、一発の新型爆弾により沢山の人達が水さえもままならない環境になったのです。

それを思うとき、実際に飲めるわけではありませんが、全国の名水をあじわっていただきたい、その思いでお水をとらせていただきました。

毎年のことではありますが、慰霊の行事で何が大切か。それはその人たちの思いを測り、その人たちに少しでも喜んでもらえる自分とは何かを求めることではないかと思います。

 

本当の信仰とは祈りを捧げると共に、自らを治めてゆくことであります。

あと10日ほどで慰霊法要の日が参ります。改めて心づくりをしてゆこうと思います。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌

 

長崎は今日も・・・

今日は長崎での慰霊の一日でありました。

午前10時、長崎平和公園の皆さんよくご存知の平和祈念像前で、献花、勤行。

その後、原爆落下中心地公園の特設テントにて慰霊法要を厳修させていただきました。

 

長崎での大雨警報が発令されており、心配するも、祈念像前では降雨無く、慰霊法要も全員がテント内に収まるや降雨、やがて豪雨に。

法要が終わると雨が小降りとなり、午後の講話終了後には雨が上がり、各地からの参拝者の帰路は曇り空の下でありました。

 

昨年、一昨年も長崎での慰霊法要では、天候による不可思議を見せていただきました。

今年も仏天の御加護のもと勤めさせていただいたのであります。

 

23日は、広島での慰霊法要が行われます。

二度と悲しい出来事を起こさない努力を、一人一人が「仲良く」を実践して行くことで、築かなくてはならないと思います。

 

多くの犠牲者の方が望まれている事は何か。

8月15日に向けて、想いを深めていきたいと思います。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌