読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お坊さんが語る終活

後悔しない人生を、笑顔の毎日を本当の終活で。

さくら

公立学校の合格発表の季節

あちこちで、悲喜交々かとおもいます。

 

さくらが咲くのか、さくらが散るのか、思春期の彼らには大きな出来事でしょうね。

 

人は常に「求め」を持って生きています。

「求め」が無くなるとき、この命も無くなることと思います。

しかし、「求め」に対して常に満たされる訳では無いのも、事実ではないでしょうか。

求めたものが手に入ると人は満足します。反対に手に入らないと、怒ったり、悲しんだりします。

でも、もう少し思いを巡らせてみて下さい。

どの結果であろうとも、私達の人生の「時間」の一部ではないですか?

ならば、どちらの結果も私達にとって、取り替えることのできない「経験」なのであります。

 

さくらが咲いたら、咲いた時間を頂いた。

さくらが散ったら、散った時間を頂いた。

 

あとは頂いた時間をどう自分に活かすか、ではないですか。

今日という、取り替えることのできない時間を、お互い大切に通らせていただきたいものですね。

 

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌