読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お坊さんが語る終活

後悔しない人生を、笑顔の毎日を本当の終活で。

終活講座 東区と佐伯区

昨日25日は、午前中東区で第2講、午後は佐伯区で第1講をさせていただきました。

東区会場では、先日安佐南の緑井会場で第1講を受講された方が東区の会場までお越しくださいました。

f:id:obousansk:20170226215046j:plain

先代の方の感謝状の処分方法の質問など、やはり思い入れのある品物の処分に、皆さん頭を悩ませておられるようです。そうですよね、自分の大切な人の残された功績、何も感じずに処分してしまうようでは困ります。だからこそ、今、生きているうちにしっかり終活をしておかねばならないのであります。

佐伯会場では継承者のいなくなるであろうお墓の取り扱いについて、質問がありました。

様々なケースがありますから、規則的方程式はありませんが、「多様化」という言葉で短絡的に答えを出すべきで無い事が、このお墓の取り扱いだと思います。

その方の家族構成やお墓のある場所、またご宗旨等も加味しながら、よくよく考えて答えを出さねばならないと、私は思っております。

どちらの会場も、皆さん本当に熱心に受講下さいました。講師としてとても嬉しい時間でありました。

終活を通じて、1日1日をもっともっと充実した時間としてお過ごし頂ける人を、たくさん増やせたらと、仏さまに祈りを捧げるカウンセラーでありました。

ご覧下さり、ありがとうございました。合掌