読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お坊さんが語る終活

後悔しない人生を、笑顔の毎日を本当の終活で。

終活考 親子

今日、小学校6年の長女が国語のテストで100点をとってきました。

普段から割合努力タイプの娘が満点をとって帰ってきたことは、親としてとても

うれしく、また頼もしく感じられました。

 

終活の考え方はこういった「親と子」「兄弟」「祖父母と孫」といった間に生ずる

関係性をどう維持するか、というところからスタートすると思っています。

 

「お父さん、今日100点だったよ」子から親に対する愛情の言葉。「すごいな、毎日

頑張っていたもんな」親から子への愛情の言葉。

この「愛」に培われた関係性が終活を開花させるのだと私は考えます。

 

今日もご覧くださいましてありがとうございました。合掌