お坊さんが語る終活

後悔しない人生を、笑顔の毎日を本当の終活で。

人生レシピ

NHKのeテレで、人生レシピなる番組があり、私の登録する終活カウンセラー協会の武藤頼胡理事長が出演しておられました。 終活とは生き支度。 本当にそう思います。先をきちんと見据えることで始めて、あしもとの確認ができるのであります。 番組では秋野さん…

「お盆」

今年のお盆は台風10号の影響もあり、多くの人にとって過ごし方の違うお盆だったのではないでしょうか。 私も多分にもれず、例年は大阪で全国御詠歌大会が開催されるのでありますが、今年は中止となり、自坊で過ごすこととなりました。 さて皆さんはどんなお…

原爆忌

人の命とは。 人類と呼ばれる我々が、幸せを求め続けてどれくらいの時間が経過しているのでしょうか。 その時間の中で何度かの誤った行動をしているのも人類であります。 その最たるものは原子爆弾でありましょう。 科学はどんどん進歩しています。 AIなどと…

長生きの国

朝刊に「平均寿命が最高更新」とありました。 男性は7年連続、女性は6年連続での記録更新というわけです。 あくまで平均寿命ですから、今このブログをお読みのあなたが長生きすると決まったことではないですからね。勘違いしないように。 さて日本は超高齢社…

お便り

特別講習から自坊へ帰ってみると、素晴らしいプレゼントが私を待っていてくれました。 先日の原爆慰霊法要の際の、記念上映会で二宮金次郎を鑑賞に来てくださった方の中に、小学三年生の女の子がおられまして、その子が後日感想をファックスしてくださったん…

特別講習

人はこの世に生を受けて以来、経験という学びの中で成長を遂げ、老化という衰退の時を経てこの世の行を終える。 それぞれが役割というものを担って、それを果たしてゆくことが、生きるということなのだと思う。 今回、若手修行者に対して次なる段階へ進むた…

広島原爆殉難者慰霊法要

昨日、梅雨とは思えぬ好天、涼風の中、仏天のご加護のもと、第33回広島原爆殉難者慰霊法要ならびに記念上映会が執行され、数多の御霊に慰霊のまことを捧げさせていただきました。 一宮良範教務総長をお導師に、午前9時からの黙祷に始まり、全国30カ泉の名水…

「取り敢えず」憲法改正から

参議院選挙が近づいています。 終活を考える上で、国政はその方向性を左右するポイントであります。 巷では投票率の低さが毎回のように取りざたされます。現在の日本は代議制民主主義の国です。 国民であることの証として、選挙に参加することは、至極当然の…

西日本豪雨災害横死者慰霊法要

あれから一年、今日は西日本豪雨災害横死者慰霊法要を勤めさせていただきました。 広島はもとより岡山、兵庫、愛媛など多くの地域で大きな被害が出ました。 広島県においても百名を超える方々が、命を失いますました。 今回、畑石県議のご協力をいただき、県…

原爆供養塔前の清掃奉仕

昨晩、みんなの笑顔を描きながら結んだおむすびを持って、6:45元安川沿いの原爆供養塔へ参りました。 本当に丁度いいお天気。暑くなく、寒くなく、そして雨も降らず、心ゆくまでお掃除をさせていただきました。有志の方々20名が集まって下さいました。 お掃…

51個のおむすび。

明日の早朝は毎年恒例の、平和公園供養塔前のお掃除。来たる15日の慰霊法要に向けて、6日、6:45から約20名ほどでお掃除をさせていただきます。 その準備の一環で、家内と二人で梅おかか混ぜ込みのおむすび作り、51個何とか日付が変わる前に結べました。 もう…

取水

7月15日の広島原爆殉難者慰霊法要にお供えする、広島のお水を今朝、取水に行かせてもらいました。 毎年お水をいただくのは、安芸太田町の龍頭峡のお水。 原爆で亡くなられた方々の思いに対し、お水を献納します。日本全国から集まったお水を。 普段の生活で…

二千六百年の皇統をもつ、世界唯一の国

日本の王朝は二千六百年の歴史を持つ王朝です。 となりの大陸の国が4000年の歴史、と言っていますが、血で血を洗う歴史を繰り返してきていますので、一国の王朝としてその家系を有しているわけではありません。 しかし日本は違います。 初代神武天皇から126…

素晴らしい街

先日夜の講演会に参加した帰り道、ふと美しい建物に気づいた。 広島駅前にそびえ立つ、タワーマンション。 聞くに中四国一高い建物であるらしい。 すごいですね、そう思いませんか? 何階建てか知らないんですが、あんな高い建物を作れちゃうんです、日本人…

梅雨入り

ようやく西日本も梅雨入りしたそうです。 皆さん梅雨は好きですか? まあ大抵の方は、どちらかといえば「嫌い」と。 でも四季を持つ日本では、梅雨も無ければ困るんですよね。 昨年、西日本を襲った豪雨。広島でも100人を超す人が犠牲となられました。 一時…

第1回 お寺de終活大好評!

第1回お寺de終活、大好評のうちに終わりました。 事前申し込みの方のキャンセルがあったり、反対に飛び込みで参加される方があったり、都合62名のご参加をいただきました。 第1部「葬儀を知ろう」 広島で老舗の葬儀社玉屋の児玉社長を講師に、葬儀のイロハを…

明日、第1回お寺de終活

いよいよ明日は第1回お寺de終活。 直前のキャンさんなど参加予定は60名ほどですが、意義ある1日にしたいと思います。 第1部でお願いした玉屋さんの社長、児玉講師のレジュメを受け取りましたが、私の予想以上、わかりやすく盛り沢山に葬儀のイロハを載せてく…

まる4年

平成27年6月6日、行年85歳 父岩雄が逝ってからまる4年になる。 もう4年も経つのか、が正直なところである。 父は十二指腸癌を患っていたが、誠に痛みによる苦しみはほぼ無かった。仏様のご加護と思う。 父が入院している4月、腹水が溜まってきた話があった時…

死と尊厳と権利

NHKテレビで、彼女は安楽死を選んだというドキュメンタリーが放映されていた。 人の生と死、私の考え方としてはこの生と死は、同じ重さであろうと考えている。 番組ではスイスでの安楽死を迎える施設で、一人の女性が投薬を受け、二人の姉に見守られながら死…

プロフェッショナル おくりびと

昨今、葬送儀礼の簡略化が進み、それによる悪影響を危惧する者の一人でありますが、昨夜NHKテレビのプロフェッショナルでは、ある一人の納棺師の仕事をドキュメントしていました。 彼は木村さんという30歳の若者でした。若者とはいうものの、命のあり方につ…

サイパンでの慰霊、恙なく。

今年もサイパンでの慰霊法要を無事終えて、帰国させていただきました。 サイパンはチャイナ、コリアの人だらけでした。 日本からのダイレクトフライトが無い現在、日本人客が少ないのは至極当然のことであります。 しかし、サイパンは絶対に日本人が忘れては…

サイパン戦没者の慰霊

昨年同時期にアップしたブログをすこし手を加えてアップいたします。 念法眞教では先の大戦で尊い命を、私たちのために捧げてくださったご英霊をはじめ、数多の戦没者の御霊に、毎年慰霊の法要をさせていただいておりますが、国内では原爆投下があった広島、…

御朱印の転売に思う

令和の幕開けにより、全国の社寺に御朱印を求める人が列をなしたそうです。 あれから二週間、それらがネット上で転売されているとのことです。 第1の感情として、「わかってないね」 第2の感情として、「社寺の怠慢」の2つを感じました。 民間の方が、ブー…

時間といのち

人はいつも過ちを繰り返すいきものだと思います。 しかし、それを過ちと気づいた時から、二度としないようにしようと、思いをめぐらすことができるのも人だと思います。 過ちとはその行為により、他者に迷惑をかけたり、損害を与えたりすることではないでし…

如是我聞

仏教や宗教では「因果」を説きます。 「因果」を説かずして人倫を語る事は、器無しにして食を享くが如くであると思います。 因果とはすごく簡単な事です。 この秋にはカボチャが食べたいな。 じゃ、カボチャの種を蒔こう。 花が咲いたから受粉をしてやろう。…

遺骨の扱い方が…

先日大阪の信者さんのご葬儀に出向させていただきました。 75歳を一期とされ、愛するご家族に囲まれて生涯を終えられたそうです。 その方は建築のお仕事を自営でなさっておられました。近年いわゆる認知症を患い、奥様はじめご家族も一時ご苦労様されたそう…

國が無くなる。

超大型の連休も終わり、今日から仕事が始まる方も多いと思います。 今回の連休は、先の天皇陛下のご譲位と、それに伴う新帝陛下の御即位を中心とした連休でありました。様々な過ごし方があったかと思いますが、身辺に大事なく過ごせた方は、まずは感謝の思い…

原爆殉難の御霊へ名水を捧げませんか。

昨日、第33回広島原爆殉難者慰霊法要の諸役任命書を交付させていただきました。 毎年7月、広島平和公園の原爆供養塔前で慰霊法要をつとめ、今年で33回目を数えます。 8月6日に近づくにつれて、各団体による慰霊行事がつとめられると思いますが、教団では現在…

平成の終わりを迎えて

私は現在52歳、顧みれば今日までの人生のうち、5分の3が平成であったということであります。 生まれは昭和ですが、幼少期もありますので、いわゆる一般的にいう「自立」の期間はほぼ平成の時代を通らせていただいたことになります。 昨日でしたかテレビで、…

御代がわり

本日、今上陛下が御譲位あそばされます。 大東亜戦争の時代を通られ、父君であられる昭和天皇陛下への思いと、大御宝である国民への思いを常に抱かれ、平成の時代の最後の最後まで祈り続けてくださいましたことに、深い敬意と尊崇、感謝の念を捧げます。 あ…